損保協の極秘文書で発覚東京海上に過少申告疑惑

2007年2月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 本誌は「第3分野商品に係る不払事案の検証について」と題する文書を入手した。金融庁の報告命令に各社横並びで対応するため、日本損害保険協会(会長・石原邦夫東京海上日動火災保険社長)が医療やがん、所得補償、介護などの保険に関して「何を不払い事案とするか、ガイドラインを示した極秘資料」(関係者)だ。そして、この内部文書には「原案」と「最終版」の2種類が存在することが分かった。 昨年7月25日付の原案を見ると、契約者が告知した内容が事実と異なる場合でも、「不適切事案として評価する」ケースを明示。具体例として「取り消しにより契約を消滅させ、不払いとしたもの」「解約(任意解約)により契約を終了させ、不払いとしたもの」「遡及して条件を変更して不担保としたもの」――を挙げている。 顧客が健康状態などを偽って告知し、保険を契約した場合、それが発覚すれば顧客はペ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。