編集後記

2007年2月号 連載 [編集後記]

  • はてなブックマークに追加

 1月のモスクワを旅したことがある。ソ連時代最後の冬で、零下25度という厳寒を体験した。脳ミソが凍りかけるのか、頭に靄がかかったようになる。ウオツカはロシアでは必需品だった。雪に埋もれたサナトリウムの静けさ。晴天に金粉をまいたようなダイヤモンド・ミストに見ほれて、凍ったグラットアイスに足を取られた。ドイツの批評家ヴァルター・ベンヤミンも、今から80年前の1927年1月、スターリン体制初期のソ連に旅して『モスクワ日記』を書いている。 ▼この正月に改めて読んだ。思わず噴きだしたのは、ベンヤミンが友人から「君の文章は濃すぎる。キモの文章とつなぎの文章の比率でいちばん快適なのは、1対30くらいだ。でも、君のは1対2だ」と難じられるからだ。そうだろう。ベンヤミンの難解なドイツ語は私も呻吟させられた。ドイツ人でも、あの濃密な文章は息苦しかったのか、と思うと少々ほっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。