韓国サムスンの「日本食い」したたか戦略

家電の花形、液晶やプラズマで世界を席捲。投資も技術も日本の「隙」につけ込む。

2007年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「日の丸半導体」を蹴散らし、半導体売上高で世界2位に躍進した韓国のサムスン電子。今度は液晶などの薄型テレビのビジネスでも、半導体にならった「勝利の方程式」の実践に邁進している。「ライバルが苦しい時ほど好機」と果敢な投資を行うのがその「解」だが、薄型テレビでは「したたかさ」も武器に据えた。その姿は、韓国のトップ財閥、就職したい企業ナンバーワンというスマートさから一皮めくれば現れる「もう一つの顔」につながっている。 数年前までぶどう畑だった場所に、今では液晶ディスプレーパネルや関連部品を生産する協力会社の工場が立ち並ぶ。韓国中部、忠清南道の湯井にあるサムスン電子の「LCDクラスター」だ。東京ドーム約50個分の敷地(約250万平方メートル)内に2010年までに約20兆ウォン(約2兆6千億円)を投資する巨大事業だ。 昨年11月初め、ここにソニーの中鉢良治社長の姿 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。