ソフトバンクの「魔法の財布」

途方もない1兆4500億円の資金調達。打ち出の小槌のような孫マジックは健在か。

2007年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「正月休みもなしに頑張っているソフトバンクでございます」。1月5日、基本料金980円の新料金プランを発表し、新年早々世の中を驚かせたソフトバンク(SB)の孫正義社長。新しい事業を始めるたびに苦境に立たされながら、何とか乗り越えてきた孫マジックは、今年も健在のようだ。昨年11月30日に携帯事業の証券化による1兆4500億円の資金調達が完了すると、この仕組みを主導したシティバンク東京支店の担当者チームは最高級シャンパンで祝杯をあげた。高い買い物と批判もあったボーダフォン日本法人の買収だが、当初のつなぎ融資の短期借入金を長期に置き換えたことで、当面の資金繰りの問題をクリア。孫社長によるリーダーシップだけが際立つSBだが、それを可能にしてきたのは魔法の財布ともいえる資金調達だ。

金庫番「笠井・後藤」の手腕

「うちで全額やらせてください」。昨年3月、シティバンクがSBに提案したのは、ボーダフォ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。