中国政府が初の気候変動影響評価を発表

2007年2月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 中国政府は、気候変動の影響に関する評価報告を06年末に発表した。それによると、今後50~80年の間に、全国の平均気温が2~3度高くなり、平均降水量も7~10%増えるが、干ばつ地域の水不足は改善されない。農業生産への影響が大きく、何の対策もとらなければ、21世紀後半には小麦、水稲、トウモロコシなど主要作物の生産量が最悪37%減少、食糧安全保障上、厳しい状況に追い込まれる、と見ている。 中国による気候変動の影響評価は初めて。報告書は科学技術省、中国気象局、中国科学院など6部門が4年を費やして作成した。高い経済成長が続く中国は温室効果ガスを大量に発生させており、エネルギー利用効率の向上、再生可能エネルギー、原子力技術の革新などが喫緊の課題となっている。 報告では、温暖化によって北部の河川流量は減り、黄河など内陸河川の流域では蒸発量が15%前後増加。201
0~30年 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。