商船三井社長 芦田 昭充氏

米景気の減速はない海上コンテナは大幅増

2007年2月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

 ――海運市況は、景気の動向を知る有力な指標です。最近の動きから、2007年の世界経済をどうみていますか? 芦田 アメリカ向けは、06年のコンテナの荷動きが前年より13%増え、今年も同じ程度は伸びるでしょう。エコノミストらには「住宅バブルが崩壊し、スローダウンする」との見方がありますが、私は、もうちょっと強気にみています。例年、クリスマス向け出荷が終わる10月中旬から、荷動きが1割くらい落ちるのですが、昨年は北米航路で11月中旬まで落ちませんでした。欧州航路も06年のコンテナ量は15%伸び、クリスマス向け出荷後も、満船状態が続いた。07年も、安定的な成長が続くでしょう。 ――たしかに、強気ですね。 芦田 昨年暮れ、アメリカの大手住宅販売会社の経営者たちに話を聞いたら、「いまが一番厳しいが、来春は上向いてくる」という見方でした。根拠として、住宅価格は下がってい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。