2兆円英社買収にJTの皮算用

買収額は国内で過去最高。米RJRナビスコに続く「ドジョウ」はいるのか。

2007年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 日本たばこ産業(JT)がイギリスのたばこ大手ギャラハー・グループを約2兆2500億円もの巨額を投じ買収することで、ギャラハーの取締役会と合意した。買収の実現には現地の独禁法当局や裁判所、株主総会での承認が必要なほか、今後、たばこ世界2位のブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)などが対抗案を出し、買収合戦に発展する可能性もある。 それでもJTが2兆円を超える巨額買収を決断した背景には、199
9年当時、国内のM&A(企業の合併・買収)では最大額となる約9600億円で買収した米RJRナビスコの米国以外のたばこ事業での成功体験がある。買収から7年が経過し、JTの海外たばこ事業は成長の牽引役にまで成長したからだ。 市場の縮小や訴訟リスクの印象の強いたばこ事業だが、実際には収益性が高くて新規参入も難しい「おいしい」ビジネスなのだ。投資額は2倍強に膨らんだものの、JTはギャ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。