次の私鉄統合は「東急・小田急」か

関西の次は関東大手が標的に。背後にみずほコーポレート銀行の思惑も。

2007年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 80年前、東京にもう一つの環状鉄道を建設する構想があった。大井町から明大前、中野、板橋、田端などへ延びる、いわゆる「第二山手線」プロジェクト。1927(昭和2)年に鉄道省から敷設免許を受けて「東京山手急行電鉄」が設立され、その社長に就任したのが小田急電鉄の創業者、利光鶴松(1863~1945年)である。大分県に生まれ、自由民権運動に身を投じた利光は30代で代議士となる。一方で鉄道・電気・ガスなどのインフラ事業を手がけ、大正・昭和初期の政財界の重鎮として名をなした。ただ、戦時統制色が濃くなってからは影響力が後退。42(昭和17)年には手塩にかけた小田急電鉄が「強盗慶太」の異名を持つ五島慶太(1882~1959年)が率いる東横電鉄(現東京急行電鉄)に吸収されてしまう。 五島の征服欲はすさまじく、小田急と同時に京浜電鉄(現京浜急行電鉄)を、44年には京王電気軌道(現京王 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。