岡村 正氏 東芝会長

「仕事と生活の調和」の伝道師

2007年2月号 連載 [経営者のひきだし 第10回]

  • はてなブックマークに追加

 仕事に全力を傾けるために、英気を養う休日があるのか。生活を豊かにするために、休日を充実させる糧を仕事で得ているのか――。 もう20年余りも前、2人の経営者によって、論争があった。仕事こそ「人間が生きる証し」としたのが、西武鉄道グループを率いていた堤義明さん。一方、休日こそ「人間が人間らしく生きるための根幹」と切り返したのが、東急電鉄グループの総帥だった五島昇さん。伊豆・箱根や軽井沢で余暇産業の主導権を競った両者が論じたテーマは、形を変え、いま重要な経営課題に浮上した。「ワーク・ライフ・バランス」 仕事と生活の調和を意味するこの言葉の実現に、最も力を入れている経営者と言えば、この人だ。 岡村正さん。東芝の会長で、日本経団連の副会長を務めている。 その経団連は昨年暮れ、2007年版「経営労働政策委員会報告」を発表した。報告は、序文と4部からなる構成 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。