韓国「386素人世代」に逆襲する50代プロ世代

「ポスト盧武鉉」へ動き出した世代対決。左派政権の失敗に、IMF受難世代が息を吹き返す。

2007年2月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

 日本では団塊の世代が定年退職を迎える「2007年問題」の年が始まった。韓国は「ポスト盧武鉉」を決める大統領選挙の年である。  注目されるのは、金大中政権以来10年続いた左派政権から野党の保守政権への「政権奪回」がなるかだ。もうひとつ。IMF危機(1997年)で 韓国社会の中枢部から追われた「50歳代の逆襲」も重要な見どころである。日本ではあまり知られていないが、韓国では「世代間の葛藤」が意外なほど深刻だ。 「386世代」――盧武鉉大統領(46年生まれ)の登場とともに、日本でも有名になった流行語だ。  韓国の若手政治家および世代のことを言う。「90年代に30代で、80年代に大学生として学生運動に参加した60年代生まれ」のこと。分かりやすく言えば、光州事件(80年)を多感な青春時代に経験した世代である。現在は40代の働き手ということになる。  盧武鉉大統領の勝手連的ファンクラ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。