関空社長に佐野松下副社長

2007年2月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

 関西国際空港会社の新社長に松下電器産業副社長の佐野尚見(たかみ)氏(63)が急浮上している。同じく松下の副社長から転じた現社長の村山敦氏(68)の後任だ。村山氏はコスト削減でそれなりの実績を上げ、就任から4年が経った。「早く老後を楽しみたい」(関係者)という思いもあるようだ。 佐野氏は自動車部品やシステム販売など傍流の担当で、交代しやすい立場だが、経営手腕は「松下でもリストラを推進した村山氏に比べてやや見劣りする」との見方もある。 ただ、関空の社長ポストは、もともと国土交通省からの天下りの特等席。2代続けて松下出身者が就くことに霞が関から怨嗟の声が出ている。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。