通販大手「ニッセン」の呆れたガバナンス

ワンマン社長の下で耳を疑う醜聞が続出。新日本監査法人はキッチリ調べて引導を渡せ。

2007年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 通販大手のニッセン(東証・大証1部上場)が、片山利雄社長のワンマン体制の下で迷走している。問題含みの人物を高額報酬で雇い入れたり、コンプライアンスに抵触しかねない情報開示を繰り返したり。既に2人の社外取締役を含め、何人もの幹部が愛想を尽かして会社を去った。 ニッセンはこれまで、会社と利害関係のない社外取締役や社外監査役を複数置くなど、株主重視を標榜してきた。ニッセン株は企業年金連合会のコーポレート・ガバナンス(企業統治)ファンドに組み込まれ、経済誌のベストボードランキングでも上位に入った。だが、内実を知れば、企業統治の全くなっていない会社であることがわかる。

みずほCB巻き込む不祥事

 ニッセンは昨年6月、物流子会社だったニッセン・ロジスティクス・サービスの50.5%の株式を、豊田自動織機に売却している。「自前主義から脱却し、トヨタのノウハウを取り入れる」という発想 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。