アサヒとサントリーがサッポロ買収に名乗り

2007年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 キリンビールがワインや焼酎大手のメルシャンを「友好的TOB(株式公開買い付け)」で買収すると発表したことで、ビールなどの酒類業界に再編気運が高まってきた。 新たに誕生するキリン・メルシャン連合は、ワイン市場の約24%を占めてトップとなり、シェア15%で2位のサントリーを引き離すことになる。また、アサヒビールと激しく首位争いを演じているビール系飲料(ビール・発泡酒・第3のビールの合計)に対してはすぐに影響するわけではないが、酒類売上高ではキリン・メルシャン連合がアサヒを抜いてトップに立つ。 キリンの攻勢を受けて、アサヒとサントリーの対応策として取り沙汰され始めているのが、ビール3位のサッポロビールの買収説だ。サッポロはビールでは劣勢だが、ワインはシェア8%ながらも、これまでアサヒやキリンを上回ってきた。 サッポロを買収すれば、サントリーはワインで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。