国際化で軋む日本の独禁行政

時代遅れの競争政策に与党・産業界が見直しを迫るが、そこには「番人」が立ちはだかる。

2007年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 新日本製鉄の関連会社「日鉄鋼板」「日鉄建材」の2社と住友金属工業の関連会社「住友金属建材」の建材薄板部門の事業が12月1日に統合された。だが、この統合は当初、10月1日を目指していた。5月30日の基本契約締結時には10月1日付の統合を決定し、すでに3月からは公正取引委員会に概要を説明していた。7月中旬には公取委への説明を終えたが、その後詳細審査に移ることになり、統合直前になって、その時期を先送りせざるをえなくなったのだ。 一部の商品で市場シェアが70%を超えるものがあり、審査に時間がかかったためだが、経済産業省幹部は「こんなことでは、激しい競争のもとで、すばやいM&A(企業の買収・合併)への対応は難しい」と話す。

メジャーリーグからの脱落も

 世界的な大合併時代に入り、ライバル企業が巨大化する恐怖感が、企業経営者にM&Aへと走らせている。M&A戦略で後手に回れば、一気にライバルに突き ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。