ロワイヤル対サルコジ五十歩百歩の危険性

2007年1月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 来春のフランス大統領選では、「初の女性大統領に」との期待を集める野党社会党のセゴレーヌ・ロワイヤル元環境相(53)と、与党国民運動連合のニコラ・サルコジ内相(51)の一騎打ちになりそうだが、争点となるマニフェストは似たりよったりで、政策論争は盛り上がりを欠いている。 最新の世論調査(12月1日)ではほぼ五分五分と支持率を分けている。両者とも治安・雇用・教育に焦点を当て、生活に密着したスローガンを並べており、左右を問わず、動脈硬化に陥った旧体制との 「決別」を訴えている。 これまでの仏大統領は「大国フランス」を標榜するドゴール主義を多かれ少なかれ継承してきた。だが、今回の選挙戦では、国家理念を問うようなスケールの大きい論争はみられない。外交は仏大統領の主たる職務とされるのだが、経済の低迷でフランス全体が内向きになっているせいか、欧州連合(EU)な ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。