ポロニウムは中国製?実行はFSB「S部門」か

2007年1月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 英対外諜報機関MI6は、ロシアの元スパイ、アレクサンドル・リトビネンコ氏の死因となった放射性物質「ポロニウム210」は、中国製の可能性があるとみている。ポロニウム210を殺傷力のある武器に転換できる技術を持つ研究所は、米国以外には中国ぐらいしかない。ポロニウム210はまた、中国の宇宙開発計画でも使用されている。 在モスクワのMI6諜報員は、中国の諜報機関を通じて、微量のポロニウム210がロシア連邦保安局(FSB)の手に渡ったとみている。そしてリトビネンコ氏の殺害を実行したとみられているのが、FSB内の「S部門」と呼ばれる特別作戦部隊。プーチン大統領は、FSBの前身であるソ連国家保安委員会(KGB)長官に就任する前はこの部門に勤務しており、中国のインテリジェンス関係者と緊密な関係を築いていたという。 85年に英国に亡命するまでKGBロンドン主任だったオレグ・ゴルディエフス ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。