中止せよ「日本版SOX」

企業を窒息させる煩瑣な「内部統制」。言い出しっぺの米国が緩和するのに、馬鹿正直は日本を滅ぼす。

2007年1月号 COVER STORY [企業ガバナンス]

  • はてなブックマークに追加

 内部統制――旧ソ連かナチスの秘密警察を連想させるような奇妙な言葉が、日本の企業関係者の間で飛び交っている。煩雑すぎるこの新制度が、ほとんど企業を窒息させかねないことに、なぜか誰も気づかない。 内部統制とは何か。企業内部で違法行為や不正が行われないよう、各業務部門で基準や手続きを定め、管理や監視を行う一連の仕組みのことである。一見ごもっともな話。メーカーから金融機関まで企業不祥事が相次いで、内部の管理体制を固める必要が出てきたのは確かだろう。でも、そればかりではない。要は米国の猿マネにすぎないのだ。 IT(情報技術)バブル崩壊後の2001~02年に破綻したエンロン、ワールドコムの粉飾事件で、米国では市場に企業統治(コーポレート・ガバナンス)改革を迫られて02年に「サーベンス・オクスリー(SOX)法」(企業改革法)を制定した。遅ればせながら、日本でも金 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。