シャープがマスコミ対策?小学生新聞にまで広告

2007年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 シャープが突如、9月から新聞や雑誌への広告攻勢を始めた。朝日小学生新聞にまでも1ページ広告を載せ、液晶生産拠点である亀山工場の環境への優しさなどを謳った。さらに、「週刊文春」や「週刊新潮」といった「強面」の週刊誌にもカラー広告がどっさり。広告不況のご時世だけに各社はほくほくとか。 シャープの動きについて、関西のある関係者はこう解説する。「亀山工場内で死亡事故が多発するなど、同社への批判が高まっているので、マスコミの口封じ策のひとつではないか」。朝日新聞が亀山工場での不祥事を水面下で取材していた頃の7月31日、大手広告代理店側が、朝日の経済部OBに亀山工場を持ち上げる朝日向けの広告原稿を依頼したが、OBは多忙を理由に断った。その際、広告代理店側は「急に出てきた広告企画なので、場合によっては、朝日の現役記者に執筆してもらうしかない」と話していたと ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。