「知事摘発ドミノ」検察はどこまでやるか

福島、和歌山に続き宮崎県庁に捜査のメス。身に覚えのある知事、市長らは恐怖のどん底。

2007年1月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

 10月下旬に佐藤栄佐久・前福島県知事が逮捕されてから、わずか50日足らずの間に木村良樹・前和歌山県知事と安藤忠恕(ただひろ)・前宮崎県知事も逮捕された。戦後の長い地方自治の歴史で、刑事事件で逮捕された知事は12人を数えるが、そのうち3人が2006年秋に集中した。前代未聞の「知事摘発ドミノ」だ。 12人のうち金子清・元新潟県知事(政治資金規正法違反、1992年)と、横山ノック・元大阪府知事(強制わいせつ、1999年)以外は、すべて汚職事件。その中で今回の3件が特徴的なのは、知事の汚職摘発に向け、地方談合事件の捜査が突破口となったことだ。 もちろん偶然が重なったわけではなく、下地をつくった人物がいる。06年6月に退任した松尾邦弘・前検事総長である。ある検察関係者は次のように打ち明ける。「経済事件の摘発に力を入れた松尾さんは、総長になって全国の地検に談合の捜査に力 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。