東京都西部でも官製談合建設業者が市町長に現金

2007年1月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 官製談合事件が相次いで摘発されているが、東京も実態は変わらない。都西部の自治体発注工事をめぐり、複数の首長がある建設業者から現金を受け取っていたというのだ。 M町の町長は約2年前、道路舗装工事を受注した業者から、約100万円を受け取った模様。現金は後援会に入金された形で、会計は町長自身が取り仕切っていたと見られる。その金は車の購入費に充てられたという。町長が助役に指示し、この業者を入札に参加させ、談合で落札させた。首長には、側近として動いている別の親密な業者がおり、この側近を通じて資金提供が行われたようだ。 近隣のH市の首長は数年前、M町の工事を受注した同じ業者から、約100万円の提供を受けたという。業者はH市など複数の自治体が出資する公社の水路工事を受注していた。捜査当局も、これらの情報を把握しているとみられ、今後の推移が注目される。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。