ちょい不良オヤジが新雑誌狙う読者は大金持ち

2007年1月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 人気月刊男性誌「LEON」の元編集長で、「ちょい不良(ワル)オヤジ」などの流行語を生み出した岸田一郎氏が07年3月、年収数千万円の読者層を想定した新雑誌「ZiNO」(ジーノ)を立ち上げる。06年9月に新会社「KI&Company」を設立、11月には先行してウェブマガジンを創刊、紙媒体との連動も図る。「LEON」読者層の年収は1200万~1500万円。「ZiNO」は、さらにその上を狙って差別化する。発行部数は5万部を予定。高級腕時計や輸入車だけでなく、ファッションやインテリア、ジェット機、ヨットのほか、保険商品などを通じた資産運用法も取り上げる計画だ。ユニークなのは販売手法で、年間購読を決めた人には65%引きを仕掛けるとか。それでも同社は「5年後に売上高50億円、利益15億円の儲かる仕組みにしてある」という。「旧来の紙媒体に限界を感じて新しい手法を提案してきたが、古い体質の出版界では ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。