ソニー――暗号破られた「電子マネー」

ソニーが提供する電子マネーの根幹技術に致命的欠陥。「エディ」「スイカ」「おサイフケータイ」……に計り知れないリスク。

2007年1月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

 パソコン用リチウムイオン電池の発火問題、ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」の部品不足に伴う出荷の遅れなどで屋台骨がきしみ続けるソニー。深刻な品質問題を抱える同社に新たな難題が浮上した。ソニーの誇る非接触IC技術「FeliCa(フェリカ)」の暗号が破られたのである。フェリカは「エディ」や「スイカ」、「iD」などの電子マネーの根幹を成す技術。この暗号が突破されれば偽の入金でJRの列車に乗車でき、買い物もできてしまう。フェリカと連動した決済システムも危うい。技術のソニーはどこへ行ってしまったのか。 ソニーは10月の人事で中鉢良治社長を「技術開発本部担当」とし、半導体や電池などは中川裕副社長の担当に移った。中鉢社長はエレクトロニクス最高経営責任者でもあったが、井原勝美副社長が家電事業全般を統括するようにした。品質管理体制の強化が狙いと繕ってはいるが、実 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。