NTT「デマンド交通」が自治体の批判の矢面に

2007年1月号 連載 [LOCAL EYE]

  • はてなブックマークに追加

「デマンド交通システム」と呼ばれる事前予約型の乗り合いタクシーを導入する動きが近年、過疎の町村などで広がっている。乗り合いながら、客の電話一本で戸口送迎するタクシーの便利さを、路線バス並みの低料金で実現するとあって、お年寄りたちの移動手段として重宝がられている。だが、システムの市場で独占に近い圧倒的なシェアを占めるNTT東日本に対して「費用がかかりすぎる」との批判が専門家らの間で上がり、同社は矢面に立たされている。 同システムの導入地域は現在、東日本を中心に約40カ所。うち、NTT東は2001年の福島県南相馬市(旧小高町)を皮切りに29カ所にシステムを売り込んできた。 システムはCTI(電話番号登録システム)、GIS(地理情報システム)、GPS(全地球測位システム)の三つからなり、導入費用は調査費を含め約1500万円。通信費・保守費は年間平均150万円程度で、さらに ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。