総務省が「楽天潰し」の法改正

TBSの肩を持つ総務省が出資規制。三木谷はいよいよ手詰まり。

2007年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「マネーゲームで成り上がった三木谷(浩史・楽天社長)や孫(正義・ソフトバンク社長)に公共の電波を支配させてよいものか。放送持ち株会社に出資規制をかけるのは政策論というより、常識の問題だ」と総務省幹部は息巻く。 同省は通常国会に、複数の放送局を傘下に置く「放送持ち株会社」の設立を解禁する放送法の大改正を提出する。従来の外資出資規制に加えて、国内の特定企業・個人に対しても放送持ち株会社への出資比率を20%未満に制限する。先の同省幹部は新興の「IT成り金」企業による放送局買収を阻止する目論見を、隠そうともしない。

新興IT企業排除の法改正

 総務省の旧郵政官僚は全国2万4600の郵便局と約25万人の郵政職員を支配し、全国特定郵便局長会(全特)を通じ大きな政治力を誇ってきたが、小泉政権の郵政民営化によって「郵政利権」の岩盤を崩された。彼らにとって、地上波放送局の生殺与奪を握る「波 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。