小泉になり損ねた安倍

首相は二兎を追う迷路にさ迷っている。「小泉継承」か「脱小泉」か。支持率低落に歯止めがかかりそうにない。

2007年1月号 POLITICS [支持率低落]

  • はてなブックマークに追加

 就任から3カ月。首相・安倍晋三はすっかり迷路にはまっている。はまっている本人には、出口がいくつあるのか、たどり着いたとしてどこに出るのか、そもそも自分が今どこにいるのか、皆目見当がついていない。いや、迷っていることすら自覚がない場合が多い。往々にして「自分は正しい方向に進んでいる」と確信している。その過信こそが、迷っている原因なのに。 しかも、安倍のはまっている迷路は、全体がすっぽり大きな影に覆われている。影の主は前首相・小泉純一郎という。安倍はさ迷いながら、どこまで行っても頭上につきまとう小泉の影を、半分うっとうしく感じながらも、半面で自分を守ってもくれていると思い込んでいる。雲なら風次第で晴れることがあっても、影は振り払うことができない。なぜなら、それは安倍自身の心理の投影だから。

虫のいい「二股路線」

 安倍の迷路には、二つの出口がある。一つは「第二 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。