漢字学者 白川 静氏

「サイ」に入れた手紙

2007年1月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

「白川静」は、やさしい。「こんなやさしいのは居らんぞ」 と、自ら言うところがまたいい。ユーモアたっぷり。人を喜ばせることが実に上手だ。雑談の中でも気の利いたジョーク満載だが、学問の話をしていても同じ。「あのね、先生、“戻” るという字。あれ、戸垂の中は犬ですよね」「そうや。犬やないと、もどれん」 犬はちょっとかわいそう。嗅覚が鋭い。その能力が犬を犠牲獣とする。墓に入れる器物は犬の血でキヨめられる。その「器」の中にも、犬(今は「大」だが)がいる。犬自体も殺されて置かれる。魔除けだ。犬のおかげで私たちは迷子にならずに、元の場所にもどれる。 白川静の学問は、漢字学に留まるものではない。根底に民俗学や神話学、何よりも哲学がある。「先生、毎日毎日、書斎に閉じ籠もって寂しくない? 先生は孤独にならないの?」「孤独は“一人あることの楽しさ”ではないか」  ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。