ウォール街の「鬼平」あざとい出世街道

大衆受けする企業叩きで「庶民の味方」を演じた州司法長官。まんまと知事選で圧勝したが、恨みを買った。

2007年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「私と一緒に戦う覚悟があ・る・の・かーっ!」 ニューヨーク市内の狭い会場には軽く2千人はいただろう。壇上の候補者が拳を突きあげると、赤白青の紙吹雪と風船が舞い、熱狂した支持者は「いいぞ!」と絶叫した。選挙とは、やはり一種の歌舞伎か。 共和党が惨敗した11月7日の米中間選挙で、「イラク」でなく純粋な国内問題で圧勝した州知事がいる。ニューヨーク州のエリオット・スピッツァーだ。 ウォール街では知らぬ者のない「鬼の州司法長官」。1999年に長官に就任、これまでの長官は薬害など消費者問題に主に取り組んできたが、彼はホワイトカラー犯罪に狙いを定めた。翌年、ITバブルが崩壊すると、石油のエンロンから金融のシティ、保険のAIGなど巨大企業を叩きまくる。バブルを煽ったウォール街の不正を暴く姿勢に、株安に苦しむ庶民は溜飲を下げた。 中身がボロボロのIT企業を「買い推奨」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。