深い霧の中から聞こえる歌声

映画 『麦の穂をゆらす風』

2007年1月号 連載 [IMAGE Review]

  • はてなブックマークに追加

 ファースト・シーンが印象に残らない映画は見るに値しない。 短編小説のカタルシスが、最初の1行によって決まるようなものだ。職人肌の作家が雕心鏤骨(ちようしんるこつ)の一語一語を刻んだように、映画監督もファースト・シーンに魂のすべて、作品のレゾンデートルのいっさいを惜しみなく託すのではないか。 日本語のタイトルにすると感傷的な『麦の穂をゆらす風』の監督ケン・ローチは、この作品の冒頭に「ハーリング」を選んだ。アイルランド式ホッケーである。私もダブリンの試合場でグラウンドに下りて、間近に見たことがあるから懐かしい。思わず画面に引きこまれた。 遠景には荒涼とした突兀(とつこつ)たる山々。どんよりした曇空のもとで、トネリコを削ったスティック(カモーン)を握りしめ、15人対15人がラグビーのゴールのようなH型のポールめがけて、硬球を打ち込もうとぶつかりあ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。