奥田 務氏 大丸会長兼CEO

「兵形象水」の進化を考え抜く

2007年1月号 連載 [経営者のひきだし 第9回]

  • はてなブックマークに追加

 経営に、スピードが不可欠の時代だ。ただ、世の中の変化に追いすがるだけのスピードでは、いつか、振り切られてしまう。必要なのは、変化と「共振」し、自らが変化の一部にまでなり切ることだ。 19世紀に「進化論」を唱えたチャールズ・ダーウインは、こう記した。「この世に生き残るものは、最も力の強いものか。そうではない。最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に対応できる生き物だ」 21世紀のいま、この言葉が、改めて光を放つ。01年9月、小泉前首相が所信表明で、改革の必要性を訴えるために引用した。だが、その数年前から口にしていたのが、この人だ。 奥田務さん。 大丸の会長兼CEO。百貨店業界で、経営改革の先頭を走る。 世の中の変化をつかむために、ともかく、じっとしていない。何か新しいものができたと話題になれば、必ず、行ってみる。「いい話」を耳にしたら、聞 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。