中国ニューリッチの「虚栄の市」

大富豪ランキングで名を売った厳介和。工事受注を膨らませる錬金術が破綻した。

2007年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 中国の富豪ランキング(富豪榜)には、意地悪な楽しみ方がある。来年か再来年、誰が落伍しているかを予測することだ。ニューリッチの化けの皮が剥がれるときほど、人が溜飲を下げる瞬間はない。 そうしたランキングの一つ「胡潤百富榜」(新富豪100人ランキング)で中国全土に名を轟かせ、「中国の不動産王」と呼ばれた太平洋建設集団(本社・江蘇省南京市)の厳介和主席も、一時「私財は125億元」と豪語していたが、今は銀行に催促された160万元すら返済できず汲々としている。 そもそも肩書に「主席」をつかうのは珍しい。一般に中国では企業トップの肩書は総経理(社長)や董事長(会長)で、「主席」はある年齢層以上の人々には「毛沢東」を連想させるから敬遠される。それをあえて名乗ったところに、彼の背伸びした人生が象徴されている。 中国ニューリッチの虚構に満ちた一代記をここで再現 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。