「料調」リストに載せられた名

『徴税権力 ――国税庁の研究』

2007年1月号 連載 [BOOK Review]

  • はてなブックマークに追加

 チョキはパーに勝ち、パーはグーに勝ち、グーはチョキに勝つ。そういう単純明快なルールでジャンケンは成り立っている。ところが、現実の世の中では、チョキがパーに勝てない、いや相手に尻込みしてチョキを出せないことが結構ある。 チョキを国税庁、パーを大企業、グーを政治家に置き換えてみよう。徴税権を持つ国税庁は大企業の脱税にハサミを入れようとする。政治家に献金している大企業は、政治力に期待する。政治家は財務省(旧大蔵省)を通じて国税庁に圧力という拳骨を振り上げる。そんな奇妙なジャンケンの現場を、元国税庁担当の新聞記者が追いかけたルポが、本書である。「金丸信摘発の裏舞台」「介入する政治家」「検察との微妙な関係」「“聖域”としての大企業」「国税対創価学会」など8章から成り、出だしは珍しくチョキがグーに勝ったエピソードから始めている。 東京佐川急便から自 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。