北朝鮮が笑う「ザル制裁」

どだい実効性がない。中国は蛇口を絞るポーズだけ。包囲網破りに次の「豹変」は……。

2006年12月号 GLOBAL [核クライシス]

  • はてなブックマークに追加

 10月31日、米朝中3カ国の首席代表による非公式会合が北京で開かれ、とりあえず6カ国協議再開で合意した。ミサイル発射、核実験と国際社会に挑戦状を叩きつけてきた北朝鮮が、このタイミングで態度を豹変させたのは、考えている以上に金融制裁が効いているとも読める。一方で強硬姿勢をとる日本を6カ国協議から外せと声明を出すなど、足並みのそろわない包囲網をなし崩しに破ろうとしている。やはり経済制裁はザルでしかないのか。

6カ国協議で開き直りも

 北朝鮮が年末にかけてまた豹変するかもしれない。6カ国協議再開に際し、米国は金融制裁に関する作業部会の設置を提案したが、その見返りに北朝鮮がドルなどの紙幣偽造問題について「謝罪するのではないか」との観測が出始めたのだ。 これは一理ある。 2002年の小泉訪朝で北朝鮮が拉致の事実を一転して認め、「冒険主義」「英雄主義」のせいにして謝罪した前例があ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。