対朝制裁リストの怪標的はむしろスイスか

2006年12月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 年内にも再開される見通しの6カ国協議で、北朝鮮は改めて金融制裁解除を要求すると見られる。日本政府は9月19日、国連安保理決議1695号に基づき15団体1個人のリストを含む金融制裁措置をオーストラリアとともに発動したが、興味深いのはリストにスイス・コハス社と同社のヤコブ・スタイガー社長が取引禁止対象となっていたことだ。スイス経済省によれば、日本政府からの照会は一切なく、米国の情報に追随した「形ばかりの制裁」だったようだ。 そもそも、米財務省がコハスとスタイガー氏を名指しで非難、資産凍結と商取引禁止措置を発令したのは3月30日である。スイス当局はコハスの資本の25%を北朝鮮企業が出していることを確認したが、「公安調査でも違法性は認められなかった。米政府に証拠提出を求めたが、回答はない」とシロの判断を下した。しかし、スイスの銀行から取引停止処分にあったコハ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。