関西経済同友会トップはサントリーと関電の一騎打ち

2006年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 関西財界の「登竜門」とも言うべき関西経済同友会の代表幹事は、今年も本命不在のレースとなっている。同友会には、2人の代表幹事がいる。2年任期で毎年1人ずつ交代していく仕組みだ。現在はNTT西日本の森下俊三社長と、がんこフードサービスの小嶋淳司会長のコンビで、来年は、NTT西の森下氏が交代する。 後任として挙がっている名前は、常任幹事の中からサントリーの鳥井信吾副社長。同社の佐治信忠社長は東京志向を強めているが、やはり関西財界には欲しい銘柄だ。関西電力の森詳介社長の声もある。将来の関西経済連合会の会長候補として、財界デビューしてもおかしくはない。ただ、関西では、財界の人材不足が深刻化。昨年も本命とされた経営者たちに次々に断られ、調整が難航を極めた末、通常は年末までに決まる人事が越年。今年も難航しそうだ。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。