「アベノミクス」の正体

傍流のニューエコノミー派が牛耳るが、「IT革命」は空疎な音頭。金融ジャブジャブで夢よ再び。

2006年12月号 COVER STORY [水脈ウォッチャー]

  • はてなブックマークに追加

「熊坂侑三って誰だ?」 証券会社のストラテジストたちが調べ回っている。いかにもペンネームみたいで、堺屋太一やイザヤ・ベンダサンを思わせる謎の人物に聞こえる。注目を集めているのはほかでもない、中川秀直自民党幹事長が近著『上げ潮の時代――GDP1000兆円計画』(講談社)のなかで、気鋭のエコノミストとして全幅の信頼を置いているからだ。 氏は米国に拠点を置く、れっきとしたエコノミストだ。シンクタンク「ITエコノミー・アドバイザーズ・インク」の代表を務めている。1949年に生まれ、東京工業大学卒業後、ペンシルベニア大学でローレンス・クライン教授に師事し、博士号(PhD)を取得した。ウォートン経済予測研究所、国連経済社会局エコノミスト、ニッセイ基礎研究所主席研究員(ニューヨーク駐在)を経て、現在のシンクタンクを立ち上げた。IT(情報技術)革命による生産性の向上を重視 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。