耐震偽装疑惑が浮上「アパ」グループに打撃

2006年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 耐震偽装問題で逮捕されたイーホームズの藤田東吾社長が人気ブログで千葉県、埼玉県、神奈川県の三つのマンションについて耐震偽装を行政が隠蔽したなどと暴露。疑惑ありとされた物件が、躍進する不動産開発業者「アパ」グループが手がけるマンションであったことが物議を醸している。 しかも、アパの元谷外志雄代表が当時、安倍晋三首相の後援会「安晋会」の副会長を務めていたこともあり、藤田氏は自らの逮捕は、国が偽装隠蔽に加担したものだと主張した。確かにアパが建設中の「アップルガーデン若葉駅前」と「アパガーデンパレス成田」は、イーホームズが計算書の一部に不整合があると指摘し、マンションの建設は中断されたままである。今回の突然の告発に対して、アパ側は「全く事実無根であり、弊社の社会的信用を著しく失墜させるもの」と、藤田氏を名誉毀損で訴えることを検討している。 注 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。