農林漁業金融公庫の理事に朝日元編集委員が「ご就任」

2006年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 官僚の天下りを舌鋒鋭く批判している朝日新聞だが、なんと同社の大物OB記者が自ら政府系金融機関に就任して、関係者らの批判を集めている。この記者は、村田泰夫・元編集委員。経済部デスク、論説委員などを歴任した後、退職までの約10年間、農政担当の編集委員を務めた。政府の多くの審議会にも委員として名を連ねる「御用ジャーナリスト」として知られた存在だった。 村田氏は05年に朝日新聞社を定年退職。即座に同年4月1日付で、農林漁業金融公庫の理事に就任した。公庫の高木勇樹総裁は、村田氏とは昵懇の間柄。朝日新聞の週末版「Be」で、村田氏が高木総裁をヨイショする「提灯記事」を載せたこともある。異例となる人事は、高木総裁のスカウトによる、という見方がもっぱらだ。 企画・広報担当の理事として村田氏の年収は2千万円近く、潤沢な交際費も使える。人事に対してだけではなく、村田 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。