安倍首相のアキレス腱か燻り続ける「慧光塾」

2006年12月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 安倍晋三首相と新興宗教まがいの経営コンサルタント会社「慧光塾(えこうじゆく)」の光永仁美社長(教祖名・仁義、05年7月死去)との密接な関係がマスコミで取り沙汰されているが、ここに来て係争中の株主代表訴訟が話題に上ってきた。なぜ、注目を浴びるかといえば、原告、被告双方が作成した準備書面に安倍首相の実名と父親・晋太郎元外相を指す表現が随所に登場するからだ。 東証・大証2部上場の電気機器メーカー「指月電機製作所」(本社・兵庫県西宮市、梶川泰彦社長)の株主が、同社の大津清和前社長や梶川社長ら3人を相手取り、03年11月、神戸地方裁判所に提訴した。訴状によれば、大津被告らは高額な大型表示装置である「点描」の販売不振に悩み、その打開策として事件屋の古賀隆助氏(05年6月死去)を系列会社の経営陣に招き入れた結果、約2億4300万円の損害を負わせたとして、被告らに損 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。