カメラも無菌ではありえない

映画『カポーティ』

2006年12月号 連載 [IMAGE Review]

  • はてなブックマークに追加

 しめしあわせたかのようだった。落雷にも似た音。黒いマスクを被せられ、手を革ベルトで固定された囚人が落下する。処刑に立ち会ったカポーティは、びくっと肩をそびやかし、絞首索の先にぶら下がった死体もびくりと痙攣した。 それがクライマックスだ。こういう結末を私は密かにデウス・エクス・モルタ(死刑台仕掛けの神)と呼んでいる。思いつくだけでも、『ふくろうの河』『クルーシブル』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』……どれも「13階段の降臨」のシーンがあり、磔刑の秘蹟の影絵だからである。 ギロチンの舌をもつ神童作家が畢生のノンフィクション『冷血』を書けた秘密――そんなものはどこにもなかった。これはカポーティを描いた映画ではない。カポーティの毒、コトバの牢獄の映画である。 あの世から本人が弁護に立つかもしれない。「ここに書かれたものは真実に基づいているが、そのこと ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。