編集後記

2006年12月号 連載 [編集後記]

  • はてなブックマークに追加

 閃きや直観の危うさは、夢見心地となって喪神する瞬間にある。柳田国男は少年時代、小さな祠に収められた愛玩用の石を撫でながら天を仰ぐと、昼の青空が透きとおって星が瞬くのが見えたそうだ。もちろん白日夢だろう。危うい逢魔の瞬間である。離魂がふらふらと山野に消えていく。音もなく四囲に沈黙が舞いおりて、忘我というか――気が遠くなる。だが、ややもすると、その空隙に唯我独尊の毒が溢れてくる。 ▼今号から「Review」のコラムを始めた。ありきたりの書評、映画評にしたくない。できれば書籍だけでなく、ブログや資料文献などあらゆるテキストを批評してみたい。映像批評も、映画や舞台だけでなく「グーグルアース」の立体地上映像から「ユーチューブ」の投稿動画まで含めたい。物差しはただひとつ、ノンフィクション、またはそれに準ずるものである。われこそは、と思う人はぜひご紹介くだ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。