中国の文人作家 余 秋雨氏

震撼と発見こそが日中の心を啓く

2006年12月号 GLOBAL [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

 ――日中首脳会談が行われましたが、両国の相互理解はまだ難しい。でも、余さんの随筆集『文化苦旅』で、シンガポールに葬られた二葉亭四迷の墓を描いた文章に触れ、一条の光を見た思いがしました。 余 ほんとうに寂しい墓でした。(周りは軍人と娼婦の墓ばかりで)四迷はただ一人の文人であり、祖国を遠く離れた地に眠っています。とても孤独な魂が孤独な状態に置かれている。そういう知識人は常に追放の道を歩み、周りに理解されず、本も詩も広く読まれたことがないかもしれません。彼らは未完成の文化的魂だったと思います。 ――孤独に胸を傷めるのは文明が異なっても同じです。『よあけ』(福音館書店)というロングセラーの絵本があります。柳宗元の詩『漁翁』を絵本化したものです。でも、そんなことを知らない子供たちが、暁の光がさしそめて一瞬で緑に変じる山水に目を輝かす。 漁翁 夜 西 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。