東商会頭に川本信彦氏

2006年12月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

 東京商工会議所の次期会頭候補に川本信彦ホンダ特別顧問(70)が浮上してきた。受諾すれば出身企業における肩書としては異例だ。就任時に会長、社長でないのは経済3団体トップは初めて。「非常事態だから贅沢は言えない」(東商幹部)とはいえ、東商の人材不足と後継者を育てなかった山口信夫会頭の手際が問われそうだ。 ホンダは裾野が広い自動車の世界ブランドとして、創始者の本田宗一郎氏以来、東商に貢献しているが、財界のリーダーとして全体をまとめてゆく役回りは苦手だ。要するに「ほどほどの付き合い」に徹している。このため川本氏が受けるかどうかは不透明。特別顧問の川本氏に他の経済団体からお呼びがかかることはないから、山口会頭が時間をかけて口説く構えだ。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。