防衛次官は北原氏が有力

2006年12月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

 省昇格が確実となった防衛庁では4年目に入ったドン・守屋武昌事務次官の後任人事がかまびすしくなってきた。来夏までに交代するとみられ、候補は北原巌男防衛施設庁長官(昭和47年入庁)、西川徹矢官房長(同年警察庁入庁)、大古和雄防衛政策局長(48年入庁)、飯原一樹経理装備局長(49年大蔵省入省)の4人だが、衆目一致する人物はいない。北原は防衛施設庁談合事件が尾を引き、省昇格法案の審議でも批判の矢面に立つ。西川は警察庁時代の思い出話に明け暮れ、防衛政策には疎い。大古は一時最有力と目されたが、毎夜の酒がたたって国会答弁でも呂律が回らない。飯原は防衛医大出身医官の早期退職問題をめぐる会議で「国立大の滑り止めで入った連中だから忠誠心がないのは仕方ない」と発言。「外様の評論家」と猛反発を食らった。 まさに、どんぐりの背比べ。消去法でゆけば、人柄と政治家の受けが ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。