小島 順彦氏 三菱商事社長

縁が縁を呼ぶ「人脈づくり」

2006年12月号 連載 [経営者のひきだし 第8回]

  • はてなブックマークに追加

 経営者の力の源泉に、その人脈の広さ、豊かさがある。 学友でもよし、仕事で知り合った人でもよし、仕事を離れたところで意気投合した人でもよし。それらの人々から様々なことを学び、困難に直面したときに助けとなる。そんな人と人との「繋がり」は、かけがえのない「財産」だ。「縁尋機妙(えんじんきみよう) 多逢勝因(たほうしよういん)」 8世紀ごろ日本に伝来した地蔵本願経の言葉だ。「縁が縁を呼ぶ、それは、まことに味がある。そうした縁で多くの人と出逢うほど、よい結果を生む」といった意味である。人の繋がりの大切さは、実に千年以上も前から教え継がれているのだ。そうした縁を、何よりも大事にする経営者と言えば、この人が浮かぶ。 小島順彦さん。 総合商社首位の三菱商事の社長。この9月中間決算でも業績の上方修正を重ね、快進撃を続けている。 小島さんは、よく若い人に「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。