北尾SBIvs国税局が泥仕合

三十数億円の所得隠し。森元首相の側近議員の会社に投じた7億円が露と消えた舞台裏。

2006年12月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

 今年8月にソフトバンクとの資本関係を解消してから3カ月。北尾吉孝・最高経営責任者(CEO)率いる「SBIホールディングス」(東京・六本木、以下SBI)に、初めて新聞ネタになるスキャンダルが持ち上がった。「SBI 三十数億円所得隠し」 そんな見出しのスクープ記事が朝日など3紙の朝刊1面に載ったのは先月27日。なかでも東京新聞には「そのうち三億数千万円は自民党参院議員への資金提供と国税局が認定」とあったため、大騒ぎになった。

いささか強引な国税局?

 この議員は松下政経塾出身の小林温(ゆたか)氏、42歳。2001年7月の選挙で、神奈川県選挙区から初当選した1年生議員だ。記事が出た当日は朝から取材が殺到、小林氏側は「記事は全く的はずれの推測」と資金提供の事実を否定した。SBIも自社のホームページなどで「所得隠しや資金提供の意図は全くない」とすぐさま反論した。 さらに数日後には、SBIの動画情報番 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。