山一証券 元社長 三木 淳夫氏

山一の「墜ちた星」

2006年11月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

 なすすべもなく消えていった山一証券の象徴だった。71歳という年齢は、キヤノンの御手洗冨士夫会長と同じだが、心不全に見舞われて悲運の人生の幕を閉じた。 山一に入社したのは1960年(昭和35年)。証券会社がまだ「株屋」視されていた時代だけに、東大法学部卒の彼は初めからエリートだった。同期生が全国の営業店に散らばる中、いち早く本社に戻され、投資信託部で行平次雄氏と出会う。端正な顔立ちにスリムな体形、明晰な頭脳、決して人前で大きな声は出さない温厚な性格。早くから山一のプリンスとして育てられた。経営企画、商品企画など内務官僚部門を中心に、常に日の当たる場所を歩く。植谷久三社長の秘書役を務め、社長退任後も社内に隠然たる力を保つ植谷氏の後ろ盾を得て、将来を磐石なものにした。 営業経験は、役員前の帝王学として出身地の福岡支店長を務めたくらい。同期の先頭をき ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。