「阪急東宝グループ」の崖っぷち

阪急HDと阪急百貨店の近親憎悪が爆発。嫌気が差した東宝のグループ離れも。

2006年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 阪急ホールディングス(HD)と阪神電気鉄道が10月1日、経営統合を果たした。しかし、お披露目の記者会見は、何ともお寒い限り。阪急の西宮北口駅と阪神の西宮駅を結ぶバス路線の設置とか、鉄道回数券の共通利用とか、両社首脳が雛壇に並んで発表すべき統合効果とは程遠い。阪急のホテル運営子会社「阪急ホテルマネジメント」が阪神子会社のホテル阪神を完全子会社化すると聞けばもっともらしいが、実際に傘下に入るのはホテル阪神と六甲オリエンタルホテルだけ。ホテル事業の中核をなすザ・リッツ・カールトン大阪は独自路線を継続する始末だ。「阪神をのみ込んだなどと浮かれている場合じゃない」と阪急電鉄元幹部は苦言を呈する。2250億円もの巨費を投じたにもかかわらず、かくも貧弱な統合策しかまとめられなかった経営陣への皮肉にとどまらない。阪神との統合ですったもんだの揚げ句に、「阪急東 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。