編集後記

2006年11月号 連載 [編集後記]

  • はてなブックマークに追加

 余姚に行った。上海の南、揚子江デルタにあって、紹興と寧波に挟まれた市である。何しに? 一言では言い難い。 曖曖たり 遠人の村 依依たり 墟里の煙 狗(いぬ)は吠ゆ 深巷の中 鶏は鳴く 桑樹の顚(いただき)  悠揚と変わらぬ中国の村里の光景である。それが見たかった。詩は江西の人、陶淵明(西暦365~427)の「園田の居に帰る」だが、車をいくら走らせても、都市化した浙江の沿道風景が車窓を流れるばかりで、日本の農村と変わらない。 ▼前日、中国の文人、余秋雨に会った。余姚はその故郷である。彼に「酒公の墓を見たい」と言った。アメリカで論理学を学んだが、帰国後は不遇の生涯を送り、教師から代書人に零落した酒豪(酒公)張先生の小伝が、彼の紀行文集『文化苦旅』に載っているからだ。酒公は書の名人だった。酒公筆の墓碑が全山に立ち並ぶ墓地が余姚にあり、酒公自身の墓 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。