とばっちりSK-Ⅱ騒動中国は豹変して沈静化

2006年11月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 日本で製造されたマックスファクターの化粧品「SK-Ⅱ」に使用禁止の重金属が含まれていると、中国の広東省検疫部門や国家品質監督検験検疫総局(AQSIQ、質検総局)が指摘した騒動は、5月29日から日本が残留農薬規制強化策「ポジティブリスト制度」を実施、中国からの輸入農産物の検査強化に対して“意趣返し”に出たものである。安倍内閣発足直後、北京の政府関係者が「中国は日本と農産物でちょっと喧嘩しているので、化粧品でお返しした」と認めた。 しかし、SK-Ⅱは日本製とはいえ、マックスファクターの親会社P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)はアメリカ企業である。とんだおかど違いなのだが、それを知らずに広東省の検疫の役人がいやがらせをし、AQSIQまでウェブサイトに載せたのだ。SK-Ⅱは日中農産物摩擦のとばっちりを食ったかたちになる。 大国アメリカとはことを構えたくない中国政 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。