天井知らずの「不動産インフレ」

2千億円買収のダヴィンチ・ショックに加え、バラまき政治復活に沸くゼネコン・不動産業界。

2006年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 10月3日、総合不動産第5位の野村不動産ホールディングスが東証1部に上場した。売買代金が1900億円を超える大商いとなり、初日終値は公募売り出し価格を18%(620円)上回る4120円。時価総額は6152億円に達し、業界4位の東急不動産(6016億円)をいきなり追い抜いた。上場数日前から「マンションだろうが、オフィスだろうが、時流に乗っている不動産銘柄はおしなべて買い」(有力外資系証券の幹部)と鼻息荒くまくし立てる声が聞こえてきた。バブル期を彷彿とさせる強気の背景は、9月半ば以降立て続けに起こった出来事。すなわち「基準地価の反転」「ダヴィンチ・ショック」「安倍政権の組閣人事」の「3大事件」である。 国土交通省が9月19日に発表した2006年7月1日時点の基準地価。東京、大阪、名古屋の3大都市圏の平均地価が1990年以来、16年ぶりに上昇した。不動産の高値売買のリード役はオフィス ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。